ヨコスカ海と大地のプロジェクト

横須賀市の地域資源(農水産物・観光)を活用した新しい商品・サービスの開発
  •  
  •  
[大地][よこすか産にこだわる人たち]

株式会社 横須賀軽金 環境事業部

株式会社 横須賀軽金 環境事業部

横須賀市大矢部3-13-5 ℡:046-854-7241

建築×環境=新発想の快適さ ヤサイクル

 株式会社横須賀軽金は、平成4年“安心して暮らせる快適な住環境”をテーマに一級建築現場における金物工事、設計、施工会社として創業。と同時に事業者に業務用「食品資源リサイクル機器」を設置してきました。そして平成20年4月、食育や地産地消、自立循環型社会の形成などの分野に積極的に関わるために「環境事業部」を立ち上げました。

その「環境事業部」が『自立循環型リサイクルグループ ヤサイクル』を確立していきます。

その取り組みの中でヨコスカの業者・生産者とつながりが始まりました。株式会社古敷谷畜産(横須賀市公郷町)、大楠愛児園(横須賀市芦名)、カフェド・クルー(横須賀市根岸町)、横須賀産小麦を生産している農家の永野氏です。

横須賀産小麦畑に肥料まき

特に、横須賀産小麦については肥料まき(10月13日)から携わっています。肥料はもちろんグループの事業者にて再生処理されたものを運んできました。

肥料まき1 肥料まき2 肥料まき3

種まきで園児と交流

種まき(11月25日)です。今年は昨年の3倍30aに作付けしました。この日は大楠愛児園の園児も参加。大楠愛児園は園・保護者と一緒にヤサイクルに取り組んでいます。

なれない腰つきの小野社長

なれない腰つきの小野社長

カフェド・クルーの森専務も

カフェド・クルーの森専務も

お辞儀をされている婦人が農家の永野さん

お辞儀をされている婦人が農家の永野さん

種まき 種まき  

終了後に、園児から歌と詩吟、そして手作りのメダルをもらいました。

規格外のサバや野菜を粉に

海と大地のプロジェクトにも参加、特殊技術を用いて佐島産のサバや長井産の大根・さつまいものつる、摘果みかんの粉化にも協力。

機械 さば粉化  

この一連の「自立循環型リサイクルシステム」は神奈川県農政事務局からも注目されています。
『環境』をテーマに生産者と事業者をつなぎ、地産地消にも貢献している「横須賀軽金 環境事業部」です。

No.5
 
2010/12/10
株式会社 横須賀軽金 環境事業部
横須賀市大矢部3-13-5 ℡:046-854-7241
建築×環境=新発想の快適さ ヤサイクル記事を読む
No.4
 
2010/10/20
なぶら
横須賀市大滝町2-4-3 高橋ビル2F
カギロイ
横須賀市汐入2-38

買い出しへの往復、車内では企画会議。記事を読む

このプロジェクトを応援します。

横須賀商工会議所

ヨコスカイチバン

JAよこすか葉山

東部漁協 横須賀支所

東部漁協 浦賀久里浜支所

東部漁協 鴨井支所

長井町漁協

大楠漁協

YOKOSUKA 1CHIBAN (English)

横須賀経済新聞